TOP
私たちがめざすこと
事業紹介
旅あるきアドバイザー
時代カフェ
リンク
法人概要
お問い合わせ
お知らせ
BLOGS
 


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


新谷博司 さんの日記

 
2014
8月 31
(日)
10:50
歴史の面白さ
本文

 歴史の面白さは、知りえたことを、自分なりに<em><strong>納得できるように解釈</strong></em>して楽しめばいいのである。<br />
<br />
&nbsp;&nbsp; 歴史には記録や日記風になっているものが多く残されているが、それらがその時々の事実を書き残してくれているとは限らない。<br />
 私たちが、自分を主役として書き綴る日記や自叙伝は自分の考えや行為を正当化して書く場合が多い。他の人が見たときに自分が不利になるようなことを描くには相当な勇気がいる。従って全体の流れは正しくともそこに至る行為は<br />
<br />
本人にとって少なくとも不利になるように書かないのが普通である。<br />
そんな目で描かれている歴史を見ることが必要だ。<br />
<br />
そうすると、複数の記録などの間に食い違いや、まさかと思えるようなことが出てくる。それがわかるようになると、歴史通の仲間入りをしていることになるが、今まで以上に歴史は面白くなる。要は、自分なりにいろいろ解釈できるからである。
閲覧(3375)

私たちがめざすこと | 事業紹介 | 旅あるきアドバイザー | 時代カフェ | リンク | 法人概要 | お問い合わせ | お知らせ | BLOGS

Copyright © 2014 NPO法人よねざわ情報館