TOP
私たちがめざすこと
事業紹介
旅あるきアドバイザー
時代カフェ
リンク
法人概要
お問い合わせ
お知らせ
BLOGS
 


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


神村 さんの日記

 
2016
11月 30
(水)
11:10
本文

 ここ数年友達と3人で近くの山々をトレッキングして楽しんでいる。今年も一年間山形や福島県内の山を10回ほど登ってきたが、先日、今年の歩き納めとして斜平の山を縦走した。

 ここ何日間か雨や曇りのすっきりしない日が続き、当日も朝の気温が-2.1度と今年一番の冷え込みとなった。ただ日中は一転して雲ひとつない穏やかな秋晴れとなり最高の山歩き日和になった。

 朝10時前に友人宅を出発し、館山公園から愛宕神社を通り斜平スカイツリーで昼食休憩を取った後、テレビ塔から市民の森・西向沼へ下りた。斜平スカイツリーでは、雪化粧をした飯豊や朝日連峰の山々がくっきりときれいに見えた。

 直江兼続は兜山に登って米沢城下の町割りを構想したといわれている。兜山は標高1199mで登りはきつい。そんな急な山を登らなくとも標高600mほどの斜平の山からも市内を一望できる。天気が良い日はこの絶景を眺めているだけで気分がいい。

 春や秋には山菜やキノコを採り、薪を拾い、子供たちは山で遊び・・・こうして昔の里山は生活の一部として親しまれてきた。現代は生活様式が変化し昔ほどではなくなってきたとはいえ、特に西部地区の人たちを中心に斜平は今でも地域の里山として愛されている。当日も山道の途中で何人かの地元の人に出会いあいさつを交わした。

 こうして気軽に山歩きができるのも、毎年下草刈りや登山道の整備等を続けてくれている地域の方々のおかげだ。本当にありがたい。
 長年椎間板ヘルニアと脊柱管脊椎症で苦しんできた腰の具合も、スポーツジムでの運動と山歩きのおかげで快調。感謝!感謝!

 きれいな空気を吸い、健康な身体をつくり、自然を満喫できる里山歩きを皆さんにも是非お勧めしたい。
閲覧(2853)

私たちがめざすこと | 事業紹介 | 旅あるきアドバイザー | 時代カフェ | リンク | 法人概要 | お問い合わせ | お知らせ | BLOGS

Copyright © 2014 NPO法人よねざわ情報館