TOP
私たちがめざすこと
事業紹介
旅あるきアドバイザー
時代カフェ
リンク
法人概要
お問い合わせ
お知らせ
BLOGS
 


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


神村 さんの日記

 
2017
8月 2
(水)
08:00
ホームページ改ざん
本文

 先日何者かの悪質な不正アクセスを受け当ホームページが改ざんされた。

 

 管理会社の適切な判断で即、閉鎖されたためそれ以上の被害がなかった。現在は最新システムで閲覧を再開しているが、会員の方をはじめ多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまった。

 

 それにしてもなぜ大きな財産もないこんな小さな団体にまで攻撃を仕掛けるのか。個人情報を狙っているのか、閲覧者を誘導して詐欺を働くつもりなのか、それとも単なる自己顕示欲なのか、いずれにしてもその意図がさっぱりわからないし、誰がやっているのかもわからない。特にインターネットでは顔が見えないというのが一番怖い。

 

 インターネットの特徴としてよく言われているのが、利用者は縦の上下関係がなくすべてフラットでオープンだということ。管理者がいるわけでもないので悪質利用者を締め出すこともできない。すべて自己責任。つなぐのも自由つながないのも自由。いやならつながなければよいということになる。

 

 しかし現代ではネットは社会システムの根幹をなしており、今やネットなしには社会は成り立たなくなっている。私たち自身も好き嫌いは関係なくいやおうなしにネット社会に組み込まれている。すべて自己責任とはいってもそこから離れて生活はできないのが現実だ。

 

 ネットには良い情報だけでなく悪い情報やウソもあふれている。今回のような悪質な利用者もいる。だからといってネットを拒否するのではなく、そこを分かったうえでうまく付き合うしかない。

 

 残念ながら法律が実態に追い付いていないという面はあるが、現状でもうまく利用すればネットは大変便利だしこれからも上手に利用したいものだ。そのためにはむしろ負の情報もたくさん取り入れて、より客観的により正しい判断ができるようにならなければいけないと思っている。

 

 今回の問題を機にあらためて私たち自身が「賢いネット利用者」にならなければならないと強く感じた。
 

閲覧(2520)

私たちがめざすこと | 事業紹介 | 旅あるきアドバイザー | 時代カフェ | リンク | 法人概要 | お問い合わせ | お知らせ | BLOGS

Copyright © 2014 NPO法人よねざわ情報館