TOP
私たちがめざすこと
事業紹介
旅あるきアドバイザー
時代カフェ
リンク
法人概要
お問い合わせ
お知らせ
BLOGS
 


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


神村 さんの日記

 
2018
1月 1
(月)
09:10
あけましておめでとうございます
本文

 2018年あけましておめでとうございます

 

 昨年は皆様方には大変お世話になりまして誠にありがとうございました。本年も当NPO法人をよろしくお願い申し上げます。

 

 今年は久々に初日の出を拝みながらの新年を迎えることができた。雲は少しあるが快晴。青空を見上げると朝陽がまぶしいすがすがしい元旦の朝になった。気温は0℃だがこれから少し上がり日中は4℃の予想で穏やかな元旦になりそうだ。

 

 昨年末アメリカのペンシルベニアでは93年ぶりの寒波が襲い-38℃を記録したという。テレビでも建物の大きなつららの映像が連日流れていた。米沢ではそこまではいかないが日差しが少ないせいか年末はとにかく寒い日が多かったように感じた。

 

 気象庁は昨年12月11日に2017年秋からラニーニャ現象が発生していると発表した。よく耳にするエルニーニョ現象とは逆の現象で、世界的に異常気象が起こり日本では西高東低の冬型の気圧配置が強まるため、日本海側では低温で大雪になるとのこと。そして今年の梅雨は短めで夏は猛暑になりそうだという。ただ先の話よりも当面今冬の積雪がどうなるのかとても心配だ。

 

 今年は戊戌(つちのえいぬ)の年。土という性質が重なる「比和」という年だそうだ。土は季節の変わり目を表しその土の勢いが増すので変化の年になるといわれている。

 

 「戊」は茂が語源で草木が生い茂ることを表している。一方、「戌」は滅に通じ草木が滅ぶという意味があるが、これは次に進むためのステップで翌年の「亥」、翌々年の「子」に繋がり草木から芽が出る意味になるのだという。

 

 さて今年はどのような「変化の年」になるのか。変化を期待したいような怖いような・・・・。複雑な気持ちもあるがこれからの明るい新しい時代が始まるという、まさに「芽吹きの年」になることを期待する気持ちが大きい。

 

 社会や時代が変わるということは同時にそれぞれ個人も変わることを意味する。自分としては進歩とまではいかなくともゆっくりと前進していければいいと思っている。

 

 皆様はいかがでしょうか。皆様方のご多幸をお祈りいたします。

閲覧(2011)

私たちがめざすこと | 事業紹介 | 旅あるきアドバイザー | 時代カフェ | リンク | 法人概要 | お問い合わせ | お知らせ | BLOGS

Copyright © 2014 NPO法人よねざわ情報館